2007年05月19日

オーディオセットのご紹介〜

今回は、私の聴いてるオーディオをご紹介いたしましょう・・。るんるん

Image0881.jpg
スピーカは、ビクターのS-E4というもの。旦那さんが、友人から譲って頂いたものです。
アンプは、・・何も書いてない(汗)とにかく、やたらパワーのあるアンプです。
CDプレイヤーはDENONの昔のものです。これも私のじゃありません。
Sansuiのレコードプレイヤーもあります。使ってませんがね。

こういう風に書いてみると、いささか統一感に欠けるセットです。
昔10〜15年程前のモノを、組み合わせた感じ。

音については、私の感じたままをお書きしますと、

「て、低音が聞こえんっっ!!何でじゃ〜!!」
「おまけにーーー楽器の音がみな一緒くたに聞こえる!」
「ある程度音量を上げると、全部の音が聞こえる。」


置く場所や位置も工夫したのですが、どうにもならないので、
スピーカの下に、インシュレータをセットしました。
3,500円の出費。。今の私には、痛い。。痛すぎる。。。

結果。あまり変わらん。。
何でやろ。途方に暮れちゃうなぁ。
かといって、BOZEのウェーブラジオを買うお金もなく。

当分これで我慢しよう。色々工夫しながらでも。
分相応って事を、私は学ばなくちゃいけないんだ。今は修行って事で。


posted by ぽーやん at 20:20| 大阪 ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | 音楽の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>今は修行って事で

今も、先も、ず〜〜と、楽しみましょう(笑)

修行は、楽しんでね!

ほな!
Posted by にせ坊主 at 2007年05月20日 10:54
ビクターS-E4:バスレフ方式40W 8Ω
※低域用:16cmコーン型
 高域用:5cmコーン型
出力音圧レベル91dB/W/m

小さな音のときには、低音が出にくいですょねぇ〜。
密閉方式ではなく、バスレフ方式だからまだ出し易い
と思うのですが、大型スピーカーではないので、ある程度
で妥協が必要かも。

<解決策>
1、思い切って!スピーカー専用スタンド。
2、ホームセンターでコンクリートブロック
を購入、それをスタンドに使う。
3、とりあえず、スピーカの前にヌイグルミや、
バスタオルを積む。
4、少し大きめの音で聴く。

<音が混ざる>
1、小さいスピーカーを聴く時の耳の高さに
あわせる。
2、お部屋に吸音カーテンを掛ける。
3、スピーカーの感覚を聴く位置にあわせる。

等等が、効果あるようですょ。インシュレータは
これらの後、微妙な味付けに使うのが妥当かと。

とりあえず、床がフローリングのようですから、
自宅でリスニングする場合、とくに直にスピーカーを
置くのはご法度です。

配線のピンを掃除すると音も綺麗になりまっせぇ〜〜


Posted by ろばやん at 2007年05月20日 13:05
>3、スピーカーの感覚を聴く位置にあわせる。
3、スピーカーの間隔を聴く位置にあわせる。

っす。すんません。

音が混ざるのは、音の位置がつかみ難い為でして、
特に高音部分は方向性がキツイので、それを耳の高さ
にあわせる事によって解決しよう!っう事です。

音ってスピーカー以外にも、お部屋の跳ね返り音や
、それらを拾ったテーブル等からも発する訳で、
特に低音部分は方向性が無かったり、伝わりやす
かったりで、音像をぼやけさしてしまうのです。
それら余計な音成分を吸収できれば、すっきりとした
音が聴けるっう事なんですねっ。

あとは、スピーカーの性能なのですが、此ればっかりは
買い換えないと・・・・・。
Posted by ろばやん@訂正&追記 at 2007年05月20日 13:18
にせ坊主師匠
>修行を楽しむ

〜〜〜???
む、難しいーーー!!

世の中でほとんど一番、難しい事では??
Posted by ぽーやん at 2007年05月20日 18:11
ろば師匠

ろば師匠のおかげで、自分のスピーカの仕様を初めて、知りましたのよ〜。
バスレフ方式と密閉式があるんですね。(?)
電気関係の用語は調べないと・・・

ひそかに、スピーカについて知りたい!と思ってたので、このような説明はとても嬉しいのです。

私がやった方法の他にもイロイロあることが分かりました。
試してみることにします。
スピーカスタンド以外、どれもインシュレータよりお手頃価格。
インシュレータは”微妙な味付け”程度のものなのですね。。
あぁ私の3,500円。。。化粧水、買えるやん。。
涙が出てきまっさ〜

低音は、やっぱ大型じゃないと、駄目なのかなぁ〜

最近は、ナントカ回路というもので、小さい音のときは勝手に音バランスを修正してくれるスピーカもあるらしいです。
それが、BOZEのいくつかの機種(ウエーブラジオ含む)に、使われているらしいです。
多分もっと調べれば、もっといいのもありそう。
奥が深いです。欲を出せば、きりがないんですね。

最近は、小さくても、極端な話2万円〜ぐらいのCDコンポでも、きっちり音が分かれて聞こえるものがありますね。

中身はいったいどうなっているのか。?なぞです・・




Posted by ぽーやん at 2007年05月20日 18:28
>低音は、やっぱ大型じゃないと、駄目なのかなぁ〜
小型スピーカー単体では無理です。
小型故に軽量な為、設置面で歪んだ音が出やすいですし、
そもそも設計が、置き場所重視で、特に低音は軽視
されているからです。
どうしても、低音を補強したい場合は、サブウーハー
なる物を別途購入しましょう。

>最近は、ナントカ回路
音の出力に対して、音質補正<イコライザー(EQ補正)>
が掛かるのだと思います。
極最近のは、お部屋の残響、特質、などを感知して
音質補正するアンプも有るそうな???。

>多分もっと調べれば、もっといいのもありそう。
とにかくオーディオの世界は一概に高級品が良い
と言えるようですが、そうでも無い物もあります。

まぁ、騙されたと思って、スピーカーの位置を、耳の
高さにあわせてみてください。

>極端な話2万円〜ぐらいのCDコンポでも・・・
聴きやすい音質に研究されて補正されてるんだと思います。
でも、その価格帯の機種だと中音域が弱いので、
最初は派手な音にひかれますが、長く聴くと疲れやす
かったりします。

>中身はいったいどうなっているのか。?
多分大きさの割りに低音が出ている機種は、重低音
用にダクトが中を這いずり回っているのかもwww.
Posted by ろばやん at 2007年05月21日 02:26
ろば師匠めちゃくちゃ、音響に詳しいですね。(びっくり、そして感心。すごい。)

もとCDの作り手の意図した音を、忠実に再現するのはやはり、大型スピーカなのですね。
サブウーハーは低音増強用ではあっても、
中音域・高音域はほぼ変化ないと・・・

2万円ぐらいのものは、確かに派手な音質のものが多いような気もしますね。

お金さえ出せば、いい音にめぐり合えるのかも知れない、だけど、
精神の栄養にはならないような気もします。
話が逸れましたが・・

今日は、スピーカ自体を変えてみました。
高音域が出てる部分を、耳の高さにあわせて・・と。



Posted by ぽーやん at 2007年05月21日 21:55
>もとCDの作り手の意図した音を、忠実に再現するのは

そうとも言いませんwww.
やはり最近の住宅事情やリスナーの状況にあわせて、
小さいスピーカーやラジカセを使って最終的なミックス
をなされてる場合も有るらしいですし、そもそも
意図してローファイにしたり、ドンシャリ(低音&
高音を強調)したりとミックスされてるようです。

まぁ、色々便利な時代ですから、検索して
試行錯誤するのもオーディオの楽しみかも知れませんねっ。
Posted by ろばやん at 2007年05月22日 01:29
また色々教えてくださいネ!

自分は、あまり音にうるさくないと思っていたのですがね・・

歳のせいなのかな、最近はやたら細かく注文付けるようになってしまったのです。

もっと図太くならないと、生きていきにくいと思うのですが。
Posted by ぽーやん at 2007年05月30日 23:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。