2008年06月24日

フィッシュスープの味

先日カルフールに行って、楽しんできました。
そこでは世界各国の珍しい食材が・・カルフールだからお安く手に入るのです。

ココナッツミルクやジェノバソースなどを買い込んでいたのですが
そこに、幻のスープがたまたまあったのです。

それは「フィッシュスープ」なのですが
絵国香織さんの「号泣する準備はできていた」という小説に出てくるスープなんですね。

以下引用「とてもほんとうとは思えない、と思うくらいかなしい目にあったとき、フィッシュスープをのんだことがある人は強いの。海の底にいる動物たちに護られているんだから」

魅力的な短編だったので覚えていたんですね。
ただ、そのスープがどこに行ったら飲めるのか?深海の魚やその他が溶け込んだスープとはどんな味なのか?

パリまで行かなきゃならないのかしら。とか思ってたんです。
それがカルフールにあったやん!!(←もとフランスのスーパーなんですね!)

ただ、カルフールは大体何でもお安いのに、
このスープだけ、一瓶750円ぐらいするんです。
その日は特売で、パスタ用のトマトソースが298円くらいだったので、よけいに「高っ!!」と思ったんですね。

内容物表示もあったので見てみると「魚介類・オマール海老など30パーセント」と書いてあり、
確かに凄そうなスープだわ、なんて戸惑っておりました。

で、何週かそのコーナーの周りをうろうろしてたら
ウチの赤ちゃんが「早くしてっ!」ってキーキー言ってるし
やはりここは・・・食べておこう!
えいやっとカゴに入れちゃいました。散財。

私は家に帰り、家人が昼寝をしている間にこっそり、
カップ一杯味見しました。

・・・・・・
何というか・・・くさくてこってりしている!
ただ、私は絵国さんの小説を読んでいたので
「うんうん・・深海の魚の、濃くて熱い味なんだわね〜〜」と思いつつ完食してしまいました。


その後、家人にも食べさせようとしました。
においを嗅いだとたん、眉をひそめ「このにおい・・これはアカン!」それ以上食べようとはしませんでした。
ペロッと舐めたきり。「無理・・」とつぶやいていました。
家人は魚介類好きなので、このスープも喜んで飲むだろう、と思っていたのですがダメでしたね。

その後、「スープだから食べられるよね・・・」とウチの6ヶ月の坊やに食べさせました。
私は、基本的に、私や他の大人が食べているものを、子供にも食べさせる方針なのです。こまかくつぶして。

坊やにとっては、食材の全てが珍しいので、「こんなものかな」と思ったのでしょう、
その時は、わりと食べていました。
ただしその後、その味の凄みに気付いたのか、一口も食べなくなりましたが。

けど当初のもくろみ(家人がほとんどを飲む。私は味見だけ)は見事に崩れ、
毎朝私はその深海の、濃厚なスープを飲むことになったのです。

海の底にいる動物たちを毎朝食す私は、これからどんどん強くなっていくことでしょう。

皆さんも、ゼヒお試しあれ。カルフールに、売っていますよ!


posted by ぽーやん at 20:51| 大阪 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月17日

ぼちぼち始動かな〜

こんにちは。
縁あって一児の母となりまして、6ヶ月を迎えました。
なんとまぁ、長時間、更新をしなかったことでしょう!!!
妊娠時代はブルーでたまらなかったんですょ。。
ブログ更新する元気も無く。

・・・・・・


そろそろブログも再開です。
またちょこっとずつ、書いていくんで
よろしくお願いします♪

しかし母とゆうのは忙しいですね。


posted by ぽーやん at 01:01| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。