2007年02月16日

ぼんやりとした夢が

kagee.jpg
今日は初めて友達に、夢のことを話してみた。
友達は意外にも、「(私に)向いてるんじゃないかな?」と言ってくれた。

捉えどころの無いぼんやりとしたものが、
急に現実的なものとして感じられた瞬間だった。

夢はこうやって、あれこれ妄想し計画を立てているときが一番愉しい。

心の中で十分熟成させる時間は、夢を叶える大きなパワーになるんじゃないかな、
と思ってみたり。

それに最近、夢を見続けたまま終わる人生ってのも悪くないかなぁ、と思う
だって夢を見てるときって楽しいんだもの。
posted by ぽーやん at 10:18| モスクワ ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。