2006年08月27日

それから

これを読んでくれている皆さん
文字ばかりの文章読んでくれてありがとうございます。

前回、即善処せよとのアドバイスを頂き
「善処って何だろう・・」と思いつく限りのことをしてみました。

今思うのは、話し合いって、なんて重要なんだろう、ということです。

何でも話すればいいと言うものでもないですが、
普段から、
心の風通しをよくする事がとても大事だなと思います。

posted by ぽーやん at 18:38| モスクワ 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

書けなかったこと

夫は私の話を聞かない。
聞いているそぶりすら見せない。
私の言葉は彼の周りを素通りするだけだ。

夫は私を求めない。
求める必要が無いから。
私はすでにあるもの、当然のものと見做されている。

夫は・・・
・・・・・・
・・・。

女は哀しい。
どんなに勉強したって
女は女のままだ。

体の危険にさらされ、尋常ではない努力を払って子供を産み育てる。
帰らぬ夫を待って、家で料理したり掃除したりする。

愛の言葉一つかけられなくなった女は
虚ろな目で鏡に向かう。
『もう何も、してやるもんか、
あの人が私に、どれほどのことをしてくれてるって言うの。・・・』
心で泣きながら化粧する。

だのに、彼女は家に帰るとんなぜか、体が動いてしまう。
疲れて歩くのもやっとだ、と思っていた彼女は、
味噌汁を作りはじめる。
そしてなぜか、掃除までして、サラダまで作ってしまう。
そして夫の帰りを、待っている自分に気付いて、あほらしくなってしまう。





posted by ぽーやん at 21:14| モスクワ ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。